髪の季節別対策:夏の紫外線編

髪の季節別対策:夏の紫外線編

強い日差しの夏の紫外線は、直接的に髪に吸収されてしまいます。日本人は黒髪ですので、得にその日光の日差しを浴びやすいという傾向にあります。肌も日光に長時間当たれば大きなシミや軽い火傷の症状が出るように、髪にも症状が出てきます。

 

 

 

日光を長時間浴びていれば、たんぱく質にダメージを与えます。切れ毛や枝毛の原因になります。色の退色も起こり、汚らしい赤茶色になってしまう事もあります。そこで、帽子を被る対策が有効です。上から注いでくる多くの紫外線を、帽子でシャットアウトしてくれます。白色が有効的で、日射病も防いでくれるという効果もあります。

 

 

 

帽子を被るのが駄目という人には、日傘がお勧めです。髪全体を守る事が出来ますし、おしゃれな面でも良い方法です。顔や肩なども守る事が出来るのも魅力的です。

 

 

 

今では、UVカットの効果があるトリートメントやスプレーなどがあるので、外出時にさっと頭に全体的にスプレーするだけで良いと人気があります。トリートメントでは、シャンプーの後にいつもの通りに付けるだけで良いので、スプレータイプに抵抗がある人にも便利な方法です。

 

新宿でオススメしたい美容院です

 

日光が強い時間帯を避けるのも効果的で、昼間の10時から14時までは日差しが強いです。その時間を避けて外出する事も考えたいです。特に11時から12時を避けるのがベストです。

 

 

 

天気予報を調べるのも重要ですし、朝から対策をして出かけるのもコツです。夏の紫外線は、曇りの日でも降り注いでいる事を忘れずに行動するのが無難です。