髪の季節別対策:梅雨の湿気編

髪の季節別対策:梅雨の湿気編

梅雨の湿気で髪が広がってしまって、格好悪くなってしまう事があります。パサパサになってしまい、全体的にぼさぼさになってしまいます。でも、あまり広がらない人と広がってしまう人がいます。それは、髪自体にダメージがある人の方がパサついてしまうのです。そのパサつきには、キューティクルがはがれている人に多く起こります。

 

 

 

ですから、そのキューティクル自体を綺麗に整えてあげるのがコツなのです。はがれていれば、そこから水分が入ってきて膨張していきます。でも、そのはがれている箇所を無くして、正常なコンディションに整えてくれるシャンプーやトリートメントなどがあります。トリートメントは、丁寧に馴染むように付けてあげます。

 

 

 

アミノグリセリンによって、髪全体を糖質の皮膜でコーティングしてくれます。ですから外気からの水分をシャットアウトしてくれて、広がりを防いでくれます。

 

 

 

髪を洗う時の工夫でも、広がりを抑える事が出来ます。洗う前に水分をたっぷりと含ませてから洗い、トリートメントは毛先を集中的に付けて行います。ドライは、根元から行っていきます。頭のつむじと耳の後ろなどを集中的に先に乾かす事で、全体的な広がりを抑える効果があります。

 

 

 

ドライヤーも有効的で、小さな電池式や充電式のコンパクトなものがあります。携帯して、デパートなどの化粧室などで冷風で乾かす方法もあります。

 

美容室の日本史を学ぶ

 

水分を満遍なく分散できるブラッシングも効果があります。目の粗いブラシを使うのがコツで、軽くゆっくりとブラッシングする事がコツです。