髪質によるヘアケア

髪質によるヘアケア

自分の髪質で使わなければいけないシャンプー、育毛剤は違うのです。抜け毛などが多い場合、それに特化したシャンプーを使わなければ行けません。
普通の育毛剤ではなかなか効果がでない可能性があります。

 

抜け毛の人の場合はどこに問題があるのかというと頭の皮膚なのです。
また育毛効果のあるシャンプーであきらかに頭皮に刺激があるものがありますが、抜け毛の人の場合はこういったものを使うと悪い影響が出る可能性があります。

 

しかし、頭皮自体を適切にケアすれば抜ける量は減ります。
よくあるのが刺激の強いシャンプーを使って、髪を痛めるような洗いかたをして逆効果でさらに抜け毛を多くするといったものです。
頭皮から出る油が毛穴で固まってどんどん悪い影響がでていきます。洗髪の回数自体は普通に一日一回でいいでしょう。

 

薄毛の人ほどシャンプー剤には気を付けなければ行けません。
とはいえどうやって選んだらいいのか基準がわからない人も多いでしょうね。
シャンプーの適した種類は人それぞれとしか言いようがありませんが、自分の髪質によって適したものが変わってきます。

 

この髪質は大別して二つです。洗髪をして長くたつと脂がでてきてしめったようになる髪質と、そうはならない乾燥した髪質です。
シャンプーの説明文などに脂に強いかどうかが書いてあります。
ネットなどで脂っぽい頭皮に効果があるのか、乾燥した頭皮に効果があるのか調べるといいでしょう。

 

くれぐれも薄毛の人は刺激の強いシャンプーを使わないようにしてください。