シャンプーの洗いかた

シャンプーの洗いかた

ヘアケアで洗髪が大切なのは言うまでもないですが、ほとんどの人は泡がでるほどあらった後すぐにお湯で流すでしょう。
ですが泡がたったあとある程度そのままにしておくと、いい効果があります。

 

それはゆっくりと汚れを取っていき、シャンプーのいい成分が頭皮にいい影響を与えます。
泡が細かい汚れまでとってくれるのです。この手順を省いてすぐにシャンプーを流してしまうと汚れが残ったままとなります。
髪の毛が最近痛んできたと思っている人は、少しシャンプー時に余裕をもって流すといいでしょう。

 

そして時間をかけて髪や、頭皮にいい成分を与えた後はしっかりと洗い流しましょう。
ここでもシャンプーの残りカスが残っているといい影響を与えませんので注意してください。

 

シャンプーで洗うときに注意しなければいけないことは他にもあります。大体シャンプー剤は十円玉より大きめの量を使ってください。
一転に塗って泡立てていくよりも、いくつかにわけて泡立てていった方がいいでしょう。

 

傷がつくように爪などを使って洗うのはNGです。こういう事をしているとどんどん髪質が悪くなっていきますから注意が必要です。
指の面積をできるだけ使うようにしてください。指圧のような感じですね。実際指圧と同じような効果が出ます。

 

血行がよくなり新陳代謝を促進し育毛にも効果があります。自分でやってみるとわかりますが、頭皮が気持ちよくなるのでリラクゼーションにもなるでしょう。
あまり長く頭皮を指圧しなくても、三分くらいで効果が出ます。