お湯シャンプーの注意事項

お湯シャンプーの注意事項

お湯シャンプーの注意事項

シャンプー前のヘアケアで、洗髪前のブラッシングを進めましたが今回はそのあとに髪の洗い方を書いていきましょう。
まずはシャンプーをつけずお湯だけで洗髪してください。髪というのはお湯で洗えばかなりの部分の汚れが落ちます。
温度は三十九度から四十一度くらいにしましょう。暑すぎるお湯は厳禁です。頭皮にダメージを与えます。ですが冷たすぎてもいけません。

 

髪についた汚れは冷たい水ではおちません。適度な温度のお湯を使ってください。
シャンプーをつける前に三分ほどお湯で髪を洗ってみてください。
こうして髪に水分を吸わせないとシャンプーがうまく髪に馴染まず、そのほとんどが無駄になるでしょう。面倒に思うかもしれませんが重要なことです。

 

ちょっと前からシャンプーはお湯だけでする人が増えてきます。シャンプーとの相性もありますので、その相性がいいシャンプー剤を見つけるのは大変です。
成分も変わってしまうこともありますし、製品自体がなくなることもあります。

 

また、粗悪なものですとシャンプー剤が髪を洗った後も残ってしまい、その洗い残しが頭皮や髪の毛に悪い影響を与えます。
そこでシャンプー剤を使わずにお湯だけで洗髪しようと考える人が出てきました。
実際シャンプー剤の悪影響は全くなくなりますが問題もあるのです。

 

強い汚れにはお湯だけでは対処できず、結果的に頭皮や髪の毛を痛めてしまうことになります。
やはりセレブが使っているようなシャンプー剤を見つけるのがいいでしょう。お湯だけで洗うのであれば二、三日に一回だけにしましょう。