LAセレブ選ぶヘアケアとは

髪の為に知っておきたい髪の基礎知識とヘアケア法

髪は女性の命とも言われており、それを大切にすることは、とてもきれいになる近道なのです。それは、綺麗であると、清潔感があるため、とても上品に見えます。また、顔全体を見る時に、髪がきれいに輝いていると、明るく見えるのです。

 

ですから、ヘアケアをすることは、いつまでも若々しく、きれいにいるための必須と言えるのです。そしてそれを、いつもきれいに保つためには、ヘアケアをして大切にしていきたいものです。髪が元気でいるためには、まず栄養を与える必要があります。

 

そしてその栄養が頭皮の毛根に十分に浸透することが重要なのです。そのため、まず毛根に栄養分が浸透するようにすることです。そして、その栄養分は毛根が汚れていてつまっていると浸透することができないため、その毛根をきれいにすることが必要です。

 

毛根は、シャンプーを普通にしただけではきれいになりません。シャンプー時に注意したいことは、その毛根に詰まっている汚れをきれいに落とすことが必要なため、毛根を刺激しながら洗うことをおすすめします。そしてそれは、自分の手や指だけでは落としきれないことも考えられますので、そのための刺激を促すヘアケア商品を使うときれいに落とすことができます。

 

そして、その綺麗になったところにトリートメントなどで栄養を与えてあげるといいのです。そして、自分で行っていて自分に合う、シャンプーやトリートメント商品がわかるようになることが必要ですので、専門家にアドバイスを受けることもひとつの方法です。

髪の為に知っておきたい髪の基礎知識とヘアケア法:髪の毛の太さ

かみの毛は太い人や細い人、固い、柔らかいなど、人によって違いがあります。日本人は比較的直毛で黒髪の人が多いと言われますが、柔らかさや色など、一人一人違います。かみの毛は一番外側にあるキューティクル、中間部分にあり、かみの毛のほぼ9割を占めるコルテックス、そして中心部分のメデュラの3種類の層から構成されています。この中でかみの毛の形状や色、太さや固さなどに関係するのは中心部のコルテックスです。

 

コルテックスは繊維状のたんぱく質が主原料で、コルテックスの構造や水分量などがかみの毛の柔軟性や太さなどに影響しています。髪の毛の太さや固さというのはかみの毛の大部分を占めるコルテックスの分量によって決まります。コルテックスの分量が多いと髪は太くなり、逆に少ないと細くなります。たいていの場合太いかみの毛は細いかみの毛よりも曲がりにくく固いと感じられる傾向があります。

 

かみの毛自体は爪と同じように角化した細胞のため、一度傷つけてしまうと自力で修復するのは不可能です。そのため、丁寧なヘアケアを心がけ、傷みから守ることが必要です。ヘアケアでかみの毛を細くしたり太したりくすることはできませんが、ヘアケアによってしなやかさを保つことは可能です。

 

傷みの無いかみの毛は滑らかで手触りもよくさらさらとしています。健康的でつややかなかみの毛を保てるよう、普段のヘアケアには自分の毛質にあったもの選び、きちんと行うことが何よりも大切です。

更新履歴